MENU
MerryGarage!
建設業会社員|二級建築士|愛車XL883L
バイクとガレージが大好きな趣味ブロガー。
ガレージライフをワクワクすること、いろいろやっています。

ガレージDIY用インパクトドライバーをコスパで選ぶ10のポイント

ガレージDIY用インパクトドライバーをコスパで選ぶ10のポイント
  • URLをコピーしました!

インパクトドライバーって、DIY用に1つあれば便利だとは知っていても、お高いのでなかなか購入に踏み切れないってこと、ありません?

別にプロの職人ほどに使い倒すわけじゃないなら、DIY作業用としてコスパが良い1万円前後のインパクトドライバーがおすすめ!

よー

プロ用は5万円以上もするので、手が出しにくいですよね。

ボクは主にバイクガレージのDIY作業や工作遊びで愛用していますが、お家のちょっとした修繕の場面でも何かと重宝しています。

ガレージDIYで活躍するインパクトドライバー
photo.MerryGarage

この記事では、ガレージライフの中のDIYシーンで幅広く使えるインパクトドライバーについて、コスパ重視の失敗しない選び方ついて解説!

購入の検討でお役に立てれば嬉しいです。

コスパで選ぶインパクトドライバーのポイント!
  • 価格は1万円前後に抑えたい!
  • コードレスが使い易くて便利!
  • 重量は軽い方が作業性が良い!
  • 充電時間はなるべく早いやつ!
  • バッテリー電池は2個欲しい!
  • ネット購入なら備品追加も楽!

なるべく安くて、しかも高性能なインパクトドライバーを探している人におすすめ!

▼幅広いDIYユーザーにコスパ最高!

執筆者プロフィール
メリー(MERRY GARAGE)
よー

建設業会社員|二級建築士|愛車XL883L

バイクガレージが大好きな趣味ブロガー。住宅&建設業界で30年の現役会社員。2015年に木造30坪ガレージハウスを建てたスポスタ乗り。「作り手×売り手×買い手」としての経験を活かし、全方位的な視点で「バイクと楽しむガレージライフ」を提案するブログ『メリーガレージ!』を運営中。

>当サイトについて

☆理想のガレージライフを探すなら、「バイクガレージがただの車庫なんて勿体ない」4つの理由とは?の記事もおすすめです!

目次

インパクトドライバーが出来ることを知ってDIYの作業性アップ!

メリーガレージ_attention_インパクトドライバーが出来ることを知ってDIYの作業性アップ!

インパクトドライバーの大きな特徴は、ボルトナットを孔(あな)に通して締め付けたり、孔の開いていない部材にも打撃・衝撃を加えながらビスを打ち込むパワーがある点です。

一般に「ネジ」とは螺旋(らせん)状になった固着用品の総称を指し、ビスもボルトもナットも全てネジに分類されますが、ビット先端がネジ頭の形状に合えば回すことが可能。

ビットを付け替える

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの使い方①ビット取付
出典:Amazon

インパクトドライバーは先端のビットチャックを引っ張って緩め、それぞれ用途に見合ったビットを差し込んで使います。

ビス回しにはプラスマイナスビット、ボルトナットの取り回しにはソケットビット、孔を開ける時はドリルビットと言ったような使い分け。

また、正回転でネジを締め付け、逆回転でネジを緩めるなど、本体には切替スイッチがあります。

ビスを打ち込む

ガレージDIYで作った一枚板の飾り棚三段にお洒落な飾り付け
photo.MerryGarage

インパクトドライバーは、孔の開いていない木材や鋼材に木工ビスや鉄鋼ビスを打ち込んで、部材同士を連結させることが可能です。

硬い材料が対象の場合は打ち込み易くするため先に下孔を開けますが、インパクトドライバーなら下孔用キリのビットに取り替えて使えるので、いくつも電動工具を買わずに済みます。

さらに、ビット先端からビスがぽろぽろ落ちるとイライラするので、打ち込むビスの数が多い場合はマグネットタイプがおすすめ。

ボルト&ナットを回す

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの使い方③機能ナット締め付け
出典:Amazon

インパクトドライバーは、先端に取り付けるビットをソケット型に取り替えればボルトやナットを回すことが出来ます。

すでに孔の開いた2つの部材にボルトを通し、ナットで締め付けたり緩めたりする作業ですね。径には様々なサイズがあります。

中には、アタッチメント式で六角ビットの先端ソケットだけを交換して使うタイプもあります。

孔(あな)を開ける

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの使い方④孔あけ
出典:Amazon

インパクトドライバーは、先端に取り付けるビットをドリル型に取り換えれば、部材に孔を開けることも可能です。

木材には木工用ドリル、鉄・ステンレス材には鋼材用ドリル、コンクリート面にはコンクリート用ドリルのビットを使用します。

ビスを揉む前の下孔としても使われますが、Φ30㍉以上の大きな穴を開ける場合は、ホールソーという形状のドリルビットが便利です。

インパクトドライバーでガレージDIYの可能性は無限に広がります!

おまけ(ギターが弾ける!?)

赤いギターを弾くひと
Image

余談ですが、世界的に有名な伝説のロックバンド『MR.BIG』の名曲「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」では、マキタの電動ドリルを使ったギターソロが超有名です。

歌詞はざっくりと「君が望むなら僕はパパにでも恋人にでも可愛いぼうやにだってなれるさ」という、何ともハートフルな曲だったと記憶(あえて調べ直さず思い出補正のまま記述)していますが、とにかく電動ドリルとは何の関係もない曲。

日本が誇るマキタの電動工具がいかに正確に作動するか、という点において広く世界に認知された1つのきっかけでした。

※再生時は音量に注意して下さい。

よー

普通の人には真似できません。

インパクトドライバーのコストパフォーマンス10の検討ポイント!

メリーガレージ_point_インパクトドライバーのコストパフォーマンス10の検討ポイント!

DIYで使うインパクトドライバーを選ぶ時、値段が高ければ良い物なのか、安いものを買って失敗しないのかなど、専門用語も多いのでどういった点に着目すればよく分からない!という人も多いはず。

そこで!
インパクトドライバーを選ぶ時に大切な「10のポイント」について詳しく解説します!

インパクトドライバーを選ぶ10のポイント!
  1. 電圧(V)
  2. バッテリー容量(Ah)
  3. 電池タイプ
  4. 充電時間(分)
  5. 最大トルク(Nm)
  6. 最大回転数(rpm)
  7. 重量(kg)
  8. ヘッド長さ(㍉)
  9. ライト点灯機能
  10. 付属品

1.ボルト(V)

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方①ボルト(V)
出典:Amazon

DIYでは「10V」あれば十分OK!

ボルト(V)とは電圧のことで、電気を押し流す力を表す単位ですが、この数値が高いほどより負荷のかかる作業に耐えられることを意味し、比例してバッテリー電池の価格が上がります。

ボルト(V)の数値が高ければ高いほど最大トルク(締め付ける力)を高めることができ、余裕をもってビスやナットを締め付けることが可能。

壁や床の下地材の施工には18V以上のパワーが便利ですが、仕上げ材や木工作メインのDIYなら10Vくらいあれば十分な作業が出来るでしょう。

2.バッテリー容量(Ah)

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方②バッテリー容量(Ah)
出典:Amazon

DIYでは「1.3~1.5Ah」がおすすめ!

バッテリーの容量を表すAh(アンペアアワー)は、その数値が大きいほど長時間作業できて、同じボルト(V)のバッテリーでもAhが大きい方が電池持ちが良く、価格も高いです。

しかし、Ahの数値や性能が高いほど充電時間が長くなってしまうので注意も必要。

プロの職人は4.0Ah以上の物を使用しますが、DIYで使うなら1.3Ahくらいのバッテリーであればストレスなく作業できます。

ちなみにAhの「A」は電流(アンペア)で、「h」は時間(アワー)を指し、1時間あたり何アンペアの電流まで流すことが可能か、という意味。

3.電池タイプ

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方③電池タイプ
出典:Amazon

DIYでは「リチウムイオン」がおすすめ!

バッテリーとは充電式の電池のことを指しますが、そのタイプは大きく3つに分けられます。

インパクトドライバー選びでは付属するバッテリーの仕様がとても重要で、価格が安いけど重い電池か、高価だけど軽くて寿命の長い電池か、という点も検討ポイントです!

ニッケルカドミウム(ニッカド)電池

ニッカド電池は比較的安価で、丈夫な密閉構造により振動や衝撃に強いという特徴がある一方、メモリー効果による電池容量の減少と、製品重量が重いというデメリットもあります。

ニッケル水素電池

ニッケル水素電池は同サイズのニッカド電池の倍以上の容量を確保でき、内部抵抗が低いのでモーターを回転させる用途に合理的ですが、常温以外では放電しやすくバッテリー劣化が早いです。

リチウムイオン電池

スマホやPCでも使われるリチウムイオン電池は、軽量で扱いやすく、パワーもバッテリー寿命も申し分ない高性能ですが、どうしても価格が高いというのが難点です。

4.充電時間

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方④充電時間
出典:Amazon

DIYでは「40分」程度が理想!

インパクトドライバーのバッテリーは充電器で充電するタイプがほとんどです。

基本的にバッテリー表記の「Ah」の数値が高いもの(つまり高性能)ほど、多くの充電時間を必要としますが、単純に充電器の性能不足で時間がかかるだけ、という場合もあるので注意が必要。

プロの職人は高性能バッテリーを使うので、充電時間も1時間以上かかる前提で複数のバッテリーを準備しますが、DIYでは40分くらいの充電時間を目安に1.5Ah程度のバッテリーがおすすめです。

5.最大トルク(Nm)

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方⑤最大トルク(Nm)
出典:Amazon

DIYでは「100Nm」で十分パワフル!

インパクトドライバーの最大トルクとは、ビスやナットを締め付ける力を表し、単位は「N・m(ニュートンメートル)」で表示されます。

最大トルクの数値が大きいほど、より堅い対象物に、より長いビスを力強く打ち込むことが可能ですが、最大トルクを引き出すためには高性能なバッテリーが必要となり、結果、価格が上がることに。

住宅に関わるプロの大工などは最大トルク180Nmくらいを選定しますが、DIY初級~中級者であれば、最大トルク100Nm前後で選べば大よその作業はこなせそうです。

6.最大回転数(rpm)

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方⑥最大回転数(rpm)
出典:Amazon

DIYでは「2000rpm」あれば作業性よし!

インパクトドライバーの最大回転数とは、先端のビットが1分間に何回転するかを表したもので、「rpm(回転/分)」で表示されます。

最大回転数の数値が高いほど、より速くビスやナットを回すことが出来ますが、DIY初心者にとっては早く回れば良いという訳でもないので要注意!

回転数を段階的に設定する切替えスイッチの付いたタイプもおすすめですが、結局、最高回転数の数値よりも重要なのは、ゆっくりと打ち始めるコツを掴むことですね!

7.重量(kg)

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方⑦重量(kg)
出典:Amazon

DIYでは「1.5kg」以下が軽くて便利!

インパクトドライバーを手にとって感じる重量とは、ほぼバッテリー電池の重さです。

もちろん軽量であればあるほど取り回しが良く、使いやすいのは当然ですが、バッテリーの何が重さに影響するかと言えば、その性能や規格。

比較的安価なニッカド電池やニッケル水素電池は重量が重く、リチウムイオン電池は高価ですが軽いといった特徴があります。

最大トルク(Nm)や最大回転数(rpm)を引き出すボルト(V)にも関係してきますが、DIYに適したインパクトドライバーは1.5kg以内の重さを中心に検討すれば、自ずと性能や価格も大よその範囲に収まってくるでしょう。

8.ヘッド長さ(㍉)

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方⑧ヘッド長さ(㍉)
出典:Amazon

DIYでも「200㍉」以下が使い易い!

インパクトドライバーのヘッド長さとは、ビットに平行した本体部分の長さです。

いくら小型化が進んでも、やはりパワフルなインパクトドライバーはヘッドが大きくなりがち。

プロの職人のように高性能を必要としないDIY用であれば、大きいヘッドは狭いところで小回りが利かない、重いなど、デメリットしかありません。

一方で、同等のパワーであれば小さいヘッドの方が高額商品となってしまうので、DIY用としてはあまり欲張らず、200㍉程度のヘッド長さで十分だという認識が欲しいところです。

9.ライト点灯機能

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方⑨ライト点灯機能
出典:Amazon

DIYでも「LED点灯」があると便利!

インパクトドライバーの中には、回転スイッチを入れると同時にライトが点灯して作業面を明るく照らすタイプもあります。

暗いところでも視認性良くネジを回すことが可能で、特にLEDライトなら明るく電球の持ちも良いので、DIY初心者に限らず全員におすすめ!

ライト点灯機能が付いてないと、暗闇では別に懐中電灯で照らさないと作業できなくなるので、可能であればライト点灯機能付きを選びたいところ。

10.付属品

ガレージDIYで使えるインパクトドライバーの選び方⑩付属品
出典:Amazon

充電器と電池2個セットがおすすめ!

インパクトドライバーの購入では、付属品の確認が重要です。

格安な商品には専用の収納ケースが付いていない場合もあるので、充電器やバッテリー電池の付属個数と合わせて抜かりなくチェック!

何気に嬉しいのがサービスビットと呼ばれるプラスビットが1本付いていることで、購入からすぐに工具として使えるのは有難いですね!

DIYにおすすめ!コスパで選ぶおすすめインパクトドライバー5選

メリーガレージ_check_DIYにおすすめ!コスパで選ぶおすすめインパクトドライバー5選

プロが仕事として使うインパクトドライバーはどんなに安くても50,000円以上。でもDIY初級・中級者がそんな高級品を選んでも、その性能・仕様を持て余してしまうだけ。

コストは価格で分かるけど、それに見合ったパフォーマンスの相場が分からない!

という悩みを解決するため、1万円前後で買えるコスパ最高のインパクトドライバー5つピックアップしたので、ぜひ参考にしてください!

コスパで選ぶインパクトドライバーのポイント!
  • 価格は1万円前後に抑えたい!
  • コードレスが使い易くて便利!
  • 重量は軽い方が作業性が良い!
  • 充電時間はなるべく早いやつ!
  • バッテリー電池は2個欲しい!
  • ネット購入なら備品追加も楽!
  • 2023年12月時点における価格

マキタ M694DWX

ガレージDIYにおすすめなインパクトドライバー①マキタ M694DWX
出典:Amazon

言わずと知れた電動工具の名門マキタ」のDIY初級~中級に特化したモデルです。

ニッカド電池なので重量は1.5kgほどありますが、12Vの電池が引き出す最大トルク130NmのパワーはDIYで活躍する場面も多いでしょう。

堅牢な商品作りとも相まって、特に大きな故障やトラブルも少なく、とにかく丈夫で長く使えそうなのが嬉しいポイントです!

その分ちょっとお高めな感じもありますが、それでも1万円台でDIYに最強なインパクトドライバーが手に入ると思えば安い方でしょう!

ブランドMAKITA(マキタ)
型番M694DWX
電圧12.0V
バッテリー容量1.3Ah
電池タイプニッケルカドミウム
充電時間(目安)約30分
最大トルク130Nm
最大回転数(回転/分)2400rpm
重量1.5kg
ヘッド長さ143㍉
ライト有(LED)
付属品電池×2、充電器、ケース、+ビット

▼安定のパワフル感はDIY中級者にもおすすめ!

HiKOKI FWH12DAL(2ES)

ガレージDIYにおすすめなインパクトドライバー②HiKOKI FWH12DAL(2ES)
出典:Amazon

日立工機から別ブランドとして立ち上げられたHiKOKIハイコーキ)は、八王子工務店でお馴染み、タレントのヒロミさんをイメージキャラクターに起用していることでも有名です。

今回ピックアップした商品の特筆すべき点は、バッテリー電池が10.8Vながら最大トルク110Nmを引き出し、最大回転数2700rpmを実現しているところ。

さらにリチウム電池を採択することで1.1kgという軽量化を図り、ヘッド長さ150㍉という取り回しの良さも注目です!

1万円台前半の価格帯としては最高にコスパが良い、おすすめのインパクトドライバー!

ブランドHiKOKI(ハイコーキ)
旧 日立工機
型番FWH12DAL(2ES)
電圧10.8V
バッテリー容量1.5Ah
電池タイプリチウム
充電時間(目安)約22分
最大トルク110Nm
最大回転数(回転/分)2700rpm
重量1.1kg
ヘッド長さ150㍉
ライト有(LED)
付属品電池×2、急速充電器、ケース、+ビット

▼幅広いDIYユーザーにコスパ最高!

BOSCH IPD218

ガレージDIYにおすすめなインパクトドライバー③BOSCH IPD218
出典:Amazon

ドイツの会社であるBOSCHボッシュ)は、自動車電装品や電動工具で世界的に有名なブランド。

今回紹介する商品は、最大トルク130Nmと最高回転数2600rpmを実現する18V・1.5Ahのバッテリー電池にして、充電時間は約33分というタフネスさがウリです!

ヘッド長さは240㍉とちょっと大きめで、ライト点灯機能も付いてないですが、1.25kgという軽さはDIYの作業には打ってつけです。

サービスビットは付属してませんが、それでもこの性能で1万円台前半なのは検討の価値あり!

ブランドBOSCH(ボッシュ)
型番IPD218
電圧18.0V
バッテリー容量1.5Ah
電池タイプリチウムイオン
充電時間(目安)約33分
最大トルク130Nm
最大回転数(回転/分)2600rpm
重量1.25kg
ヘッド長さ240㍉
ライト
付属品電池×2、充電器、ケース

▼DIY中級者以上にも応えてくれる安心感!

京セラ(旧リョービ)658425A

ガレージDIYにおすすめなインパクトドライバー④京セラ(旧リョービ)658425A
出典:Amazon

ホームセンターでもよく見かけたリョービの電動工具に関する事業は、2018年に京セラインダストリアルツールズ社に継承されました。

しかしそこは電動工具の老舗、今回ピックアップしたインパクトドライバーでもそのスペックや安心感はバツグンです。

DIYライトユーザーに特化してるためか最大回転数は2200rpmとやや控えめですが、1.2V・1.3Ahのバッテリーが繰り出す最大トルク130Nmは前述のマキタと同レベル。

ヘッド長さがやや長めで重量も1.6kgと重めですが、何と言っても初心者にもお求めやすい低価格が魅力的です!

ブランドKyocera(京セラ)
旧リョービ
型番658425A
電圧12.0V
バッテリー容量1.3Ah
電池タイプニッケルカドミウム
充電時間(目安)約30分
最大トルク130Nm
最大回転数(回転/分)2200rpm
重量1.6kg
ヘッド長さ183㍉
ライト有(LED)
付属品電池×2、充電器、ケース、+ビット

▼DIYライトユーザーにおすすめのコスパ!

アイリスオーヤマ JID80

ガレージDIYにおすすめなインパクトドライバー⑤アイリスオーヤマ JID80
出典:Amazon

カーテンレールを固定したり、組立式の家具を組み立てたりなど、日常の“ちょっとした作業”を快適にしてくれるインパクトドライバーなら、アイリスオーヤマがおすすめ。

ライトユーザーに特化した仕様は、50㍉くらいのビス打ちにも難なく対応しますが、特筆すべき点は圧倒的な価格の安さです。

実は2個めのバッテリー電池が不要であれば、なんと6,000円台の商品

その分、収納ケースが付いてなかったり、ACアダプタをバッテリーに直接差し込んでの充電だったりしますが、最初から9種類10本のビットが付いているのは嬉しいポイントです。

ブランドIRIS OHYAMA
(アイリスオーヤマ)
型番JID80
電圧10.8V
バッテリー容量1.5Ah
電池タイプリチウムイオン
充電時間(目安)約60分
最大トルク80Nm
最大回転数(回転/分)2000rpm
重量1.42kg
ヘッド長さ210㍉
ライト
付属品電池×2、ACアダプター充電器、+ビット10本

▼一家に一台!超ライトユーザー向け!

まとめ:DIY用のインパクトドライバーはコスパ重視で選ぼう!

メリーガレージ_after-word_まとめ:DIY用のインパクトドライバーはコスパ重視で選ぼう!

インパクトドライバーはDIYで必須の電動工具。あれば便利だし、そもそも無ければ出来ない作業もたくさんあります。

しかし高額商品なので安易に選べない!そこで、インパクトドライバー購入10のポイントをよ~く検討して選んでみるのがおすすめです。

インパクトドライバーを選ぶ10のポイント!
  1. 電圧(V)
  2. バッテリー容量(Ah)
  3. 電池タイプ
  4. 充電時間(分)
  5. 最大トルク(Nm)
  6. 最大回転数(rpm)
  7. 重量(kg)
  8. ヘッド長さ(㍉)
  9. ライト点灯機能
  10. 付属品

電動工具としての基本性能のポイントを理解したら、あとはコスパ重視ガレージDIYにぴったりなインパクトドライバーを選びましょう!

コスパで選ぶインパクトドライバーのポイント!
  • 価格は1万円前後に抑えたい!
  • コードレスが使い易くて便利!
  • 重量は軽い方が作業性が良い!
  • 充電時間はなるべく早いやつ!
  • バッテリー電池は2個欲しい!
  • ネット購入なら備品追加も楽!

この記事が『インパクトドライバー』購入の参考になってくれたら嬉しいです。

よー

それではまた!
楽しいガレージライフを♪

Fin

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次